体の中も外も若々しさを保つためにはどうすればよいか

健康を考える

摂食障害について

摂食障害の可能性があるという場合には、できるだけ早く病院で治療を受けることが大切です。本人が気づいていないケースもありますので、家族や友人が発見してあげましょう。

Read More

難聴について

突発性難聴になったらどうしますか?この病気は、名前のとおりに突発的に発生します。あなたにも可能性は十分あるので、病気について色々な情報を知っておくようにしましょう。

Read More

辛い花粉症

花粉症になってしまった場合には、目が痒い、鼻がムズムズするといった症状に襲われます。ここでは、どのようにして症状を改善することが出来るのかお教えしておきましょう。

Read More

腰部脊柱管狭窄症治療

毎日気にしながら献立を立てるのはなかなか大変なお仕事です。腎臓病食の宅配を利用することで便利になりますよ。

保存的治療法について

腰部脊柱管狭窄症の保存的治療は、他の腰椎疾患と同様に、先ず外来での保存的治療から行われます。腰部脊柱管狭窄症による腰痛症状に対しては、鎮痛剤や筋弛緩剤が、下肢の痺れや痛み等の神経根刺激症状がある場合は、ビタミンB12、間欠性跛行が見られる場合にはプロスタグランディンE1や循環促進剤が処方されます。腰痛や下肢痛の症状が強い場合には、圧痛のあるトリガーポイントへの局所注射、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどがあります。腰部脊柱管狭窄症の装具治療では、腰痛や神経根症状がある場合に、脊柱筋や腹筋などの体幹部の筋肉への負荷軽減を主目的として、腰椎軟性装具や腰椎ベルトが用いられます。物理療法では、ホッとパックやマイクロ波照射等の温熱療法が効果的です。また、理学療法による腹背筋の筋力強化も効果的です

手術的治療法について

腰部脊柱管狭窄症では、保存的治療法で効果が見られなかった場合に、手術的治療法を行います。手術的治療法の第一目的は、圧迫されている神経組織の除圧です。通常では後方や後側方から進入していきます。腰部脊柱管の除圧術としては、椎弓切除術や開窓術が一般的に行われます。椎骨のすべりや関節の安定性が認められる場合や、神経除圧後にこれらの症状が出現する可能性がある場合は、神経除圧後に脊椎固定術を同時に行います。この時、スクリューやロッド、フックやプレートなどの内固定器具が使用されます。この内固定器具を用いた場合、すべりの整復や変形の矯正が行われ、強固な脊柱固定が得られる為、術後2〜3日から早期離床が可能となります。また、局所安定が得られる為、骨癒合率が高まります。